スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

バリ島3日目

バリ島3日目。

7時半起床。
ロビー前のレストランで朝食。快晴。

ロビー前のレストランってことでロケーションはイマイチかと思っていたらスゴく爽やかできもちよかった。

木々が生い茂って元気。南国!


IMGP1431.jpg



今日は、乗り合いバスでウブドへ。

バスということで私は不安な気分満載。



ホテルからタクシーでバス乗り場へ。

「どこへ行く?ウブド?一日観光タクシーするよ?どう??」
と薦められるがバスで行くと言ったら、運転手さんご機嫌悪くなる。


バス乗り場到着。

働くのは女性ばかり。皆キビキビハキハキと働く。

バリの男性が我々に話しかけてきたのだが、
バリでは女性が一生懸命働き、男性は道ばたで井戸端会議に花を咲かせるのだそうだ。
そうなのかー。そういえば、道に座り込んでワイワイ話す男性の姿、スゴくみかける。


IMG_0613.jpg

バス乗り場。




IMGP1435.jpg


ここでバスを待つ。



乗り合いバスは、観光客ばかり。

ほぼ白人の方。

もちろんエアコン無し、がったんがったん揺れるバスに様々な国の観光客が
一緒に揺られてバリを行く。



IMGP1447.jpg


バスの車窓から。

彫刻村。





ウブドに到着。相変わらず暑い。

早速、声かけの方々にビビリつつ、どちらがメイン通りか分からないので

ふらふら歩く。



ほんと灼熱の国。

へとへとになりながら市場へ。日本人多し。

雑貨を求めての日本人女子が多かった。

IMG_0615.jpg

IMG_0617.jpg

前日にスーパーで物価のおよそをリサーチ?したが、
スーパーより少し高め。



ウブドは闘鶏の文化があり、

かなり可哀想な鶏の血統なのです。(スシラーさん談)

そう聴いていたら、本当に鶏を飼っている民家がたくさん。

IMGP1462.jpg



わたしはウブドに行ったらマサコ石けん工場に行きたかったのだが、
場所をチェックしていなかったため、分からず。

日本と同じと思うなかれ。
行ったら分かると思ったら、行っても分からない。そんなものね。



お昼ご飯食べるためにさまよい、
そして良い雰囲気のお店を発見。


IMGP1453.jpg

IMG_0621.jpg


カツくんは野菜炒め。これがまたすんごく美味しい!!!!

わたしはカレーを注文。

タイでは胃がカレー負け?したのだが、バリのカレーはスパイスが少ないのか、マイルドで胃に優しく美味しかった。



IMGP1457.jpg


バリの食堂では、この調味料が常備。

ニンニク風味でピリ辛。熱い気候にはぴったりの調味料でした。


同じ店に日本人女の子2人組がいて、
myヘルメット持って、ピッタリジーンズに、Tシャツ。現地の女の子みたいな格好でカッコ良かった。
バリに慣れてるんだろうな~。


トイレ。。。。は、さすはバリ。






ご飯を食べて満足。

我々ふたりはあてもなくウブドをふらふらするのです。

(あてもなくふらふらしたら死ぬ暑さと日差しでした)



モンキーホレストがマップにあったので行ってみる。

現地の人が道の測道を行っていたので私たちも測道へついていってみる。



ふと風と風景が変わる。

観光地を離れて、現地の人々が生活する集落へ。



IMG_0625.jpg

IMGP1472.jpg

音が何かすると思ったら、
こどもたちがバロンのお祭り。


カメラを向けたら、ほらほらバロンを向けろよ!みたいな感じで

こっちに向いてくれて笑顔。目の輝きキラキラ。

かわいかったな~。





ウブドは特になにをするでもなく、

散策を楽しんだ。買い物もしなかった。

なんだか懐かしい風景。ちょっと切なくジーンと来ていました。




帰りも乗り合いバス。

前に乗っていたカップル。

見た目現地の方だったら日本の大学生カップル。
バリのコーポを借りて一ヶ月2人で住んでいるそう。
真っ黒に日焼けして、バリに馴染んで素敵な2人だった。

女の子は元気でおしゃべり。私たちを見つけて話しかけてくれた。

美味しいお店は?バリで何をしているか?情報交換と、日本での生活について。

彼はもの静かに微笑んで彼女を見つめていた。



IMGP1490.jpg

バスからの風景。センチメンタル。



クタで先に我々はバスを降り、チャイニーズワルンを目指す。

学生の頃、海外旅行しておくんだったな。







目指すワルンへ行きたいが迷う。細い路地が不安。

怪しげな現地のB-BOY風な若者数人が後ろから近寄ってくる。

私。かなりビビる。




かばんをまもりつつ、話を聴く。

どこへ行くか?

行きたいワルンの場所をつげると、もっと先へ行けと教えてくれる。



道はもちろん街灯はなく真っ暗、細い道。

怖い。




ほどよくあるくと、それらしきお店。

他国籍な若者が沢山いてここかとほっとする。

道を教えてくれた若者すまぬ。見知らぬ地&真っ暗な細い道にビビって疑心安心になってたよ。




IMGP1504.jpg


ワルンマラン。

このお店は本当に美味しくて、数日通うことになる。





イカンバカール(魚のインドネシア焼き)

IMGP1502.jpg


イカの野菜炒めを注文。



味付けが絶妙。ダシが違うのかな?

うまみがあって程よい味付け美味しい。



帰りはいつもの酒屋で飲んだのかな?たしか。


そんなこんなな3日目終了。

バリの旅はよく歩き、はやく就寝。健康的。

スポンサーサイト

2012.06.19 | | コメント(2) | トラックバック(1) | バリ島

バリ島2日目

さてはて、とびとびになっていたバリ島の日記。

バリ島二日目。



朝7時に起きて、海が見渡せるカフェで朝食。

なんて健全。




IMG_0586.jpg


レギャンビーチです。



スシラーさんと8:30に待ち合わせしてバロン舞踊を観にでかけました。


バリに行って何をしようと思った時に、
わたしは現地の寺院がみたい。舞踊を観たい。がメインだったので、ワクワク。




場所は、レギャン・クタからウブドへ向かうへ向かう途中の地点。




たっくさん写真を撮ったのだが、後々カメラがこわれたのでオジャン。。。

バロンがすごくかわいかった~。



IMGP1356.jpg

王様と王子。

王子かっこよい感じ。




IMGP1358.jpg

バロンと記念撮影。
スシラーさん撮影。見事にボケボケ。笑





なかなかエンターテイメントで、音楽も生なのでよかったです。


IMGP1350.jpg






バロンを観たあとは、スシラーさんおすすめで銀細工。

バリ特産の魔除けの鈴が欲しいな~と思っていたのだけど、銀細工工房村のはやっぱり高価で、

日本人集団がねばって交渉していたので、なんだか気持ち的にあきらめた。
手作業の銀細工は綺麗でした。





そして、チェックしていたアタ商品のブランドASHITABA。

ひっそりとしたとこにたたずむ工房。

現地の方が編んでいる様子も見学させてもらえて、

かわいいアタバッグがあったのでゲット。

日本円で3000円。

この夏に使おう!






帰りに、スシラーさんに寺院へ行きたい行きたいとって連れて行ってもらったところ。


行きたいところはあるか?と聞かれて、私が寺院、寺院といっていたら凄く不思議がられた。

バリの方々にとっては、寺院は日常で、こんなに寺院に行きたがる観光客が不思議だったのかな。

そんなにいいところはない。ショッピングに行くか?とかいわれたけど、
十分素敵でノスタルジックな寺院だった。


ちなみにここで私のカメラカートリッジが壊れ、すべてオジャン。涙

でも不思議と寺院のおかげか、どーでもよかとな気分になれたのです。



そういえば、富士山登頂途中でカメラが壊れるわ、そういうのは多いな。

まぁいいのです。よーー。





IMGP1362.jpg

IMGP1361.jpg

足を見せるのはタブーなので、
巻きスカートをレンタルして寺院へ。
隣にいるのがスシラーさん。




IMG_0589.jpg




遺跡に植物が芽生えていて、ラピュタみたいで感動した。

IMGP1372.jpg



赤道近所だけあって、植物のパワーを感じて素敵なところだなぁ。



帰りに行きたいところがあったのだが、
日差しが強すぎて危ないといわれて、ショッピングモールに下ろされてバイバイ。

スシラーさんの言うことも当たりかも。。。
バリはびっくりするくらい熱い。日差し強い。
汗の量が半端なくて、もうお化粧もとれてスッピン状態になってしまいます。




ショッピングモールで昼食。

地球の歩き方でチェックしていたアヤン・リチャリチャを私はチョイス。


IMGP1381.jpg



すご~くカライ~~~~!!!!
だけどうんまい~~~~~!!!!!

思い出すとまたバリに行きたくなってきました。笑




暑すぎてショッピングモール徘徊できず。

帰りにタクシー拾うもあつすぎ。



。。。。。





ホテルに帰って熱望のカクテルタイム。

時間限定で、カクテル飲み放題。

ホテルクオリティーで、南国のお味で美味しい。



IMGP1391_20120607221121.jpg

綺麗なバリのサンセットを観ながら飲むのです。

IMGP1403_20120607221122.jpg



タイもだけど、バリもタオルアートがすごい。



IMGP1383_20120607221121.jpg



すごいなぁ~。










夜ご飯は、チェックしていたスミニャックのトラットリアへ!!!!

ここがほんっっっと美味しくて、日本に帰ってきても、
いまだにトラットリアへ行きたいと2人でぼやいています。




トラットリアへは、未曾有の地、
まだかなまだかなと、灼熱の(ほんとに灼熱)中、2時間歩いて到着。

喉からから、汗だくだく。体の水分、ほんとに抜けまくり。。。


そんな中にキンキンのビールで感動。



トマトと野菜のピザ。うんまい!

IMGP1408.jpg




間違えてオーダーしたハウスワイン1500円。

間違えたかいあって、デリシャス。

おいしかったなぁ~。
ぶどうのフレッシュな風味が広がって、おいしかった~。

IMGP1412.jpg



お店からの帰り、ブルータクシーかと思って乗ったら、
改造しまくりのウーハーならしまくりの若い運ちゃん。

ビクビク、ドキドキしながらのったらすごく健全で、価格もリーズナブル。


ありがとう若いイケイケの兄さん。



一日目はちょっとしょんぼりしちゃったけど、バリに来てよかった~と骨身にしみた2日目でした☆








2012.06.07 | | コメント(0) | トラックバック(1) | バリ島

美濃田の淵キャンプ3日目


カメのごとしな更新でスミマセヌ!!!

牛歩なんてもんじゃなく亀歩です。





3日目。元気な子どもたちの声で起床。

子どもの声っていいなぁ。



IMGP8664 2


癒し系みかこちゃんにメロメロになった私♪

テントがオシャレすぎる。

オシャレすぎる!

小物とか全てかわいくてホントあこがれの倉田ご夫妻☆☆☆



IMGP8600.jpg


コールマンのローチェアにチャイルドシートなみかこさん。

オシャレ&カワイ過ぎ(何回も言っちゃいます。笑)



IMGP8593.jpg

IMGP8594.jpg


これは子どもちゃん撮影会開始の図。



IMGP8661.jpg

このあやしげな物体は、虫除けキャンドル。
ピクニックコーナーに売っていて、カツくん欲しくなったみたい。
現場では使われず、次回に期待!!






IMGP8676_20120508212139.jpg



最終日、やっとだけど晴れてよかったなぁ=。
毎年、ゴールデンウイークのキャンプは晴れなのに、今年はご機嫌ナナメだったご様子。
でも、皆との楽しい時間は何事にも変えられない!!!!!
楽しかったなぁ~~~www




IMGP8673_20120508212139.jpg




ハッピーファミリーキャンプ in 美濃田 2012 でした☆

またキャンプしましょう!!!!!!




望。



2012.06.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

美濃田の淵キャンプ2日目

2日目。

早起きしよう!と決めていたので、早起き!

といっても7時過ぎだったかな。




テントの外に出たら相変わらずの曇り空。
昨日より曇り???



身支度をして出発!

今日は徳島をドライブするのです!




近くのコンビニの焼きたてパンを食べていざ出発。



ぐねぐねぐねぐね道を曲がりながら大歩危、小歩危へ。


IMGP8544.jpg



小歩危の道の駅にはモンベルも。

タープが飛ばされまくったから、旦那殿ここで強力ペグを購入。

後から聞いたらここにモンベルあるの知ってて寄ったらしい。




小歩危よりもちらっと車の中からみた大歩危の方がカッコ良かったなぁ~。




その後、かずら橋へ。

駐車場が既に観光地。立体駐車場も満車。細い道が渋滞。

今年のゴールデンウイークはやっぱり出かける人が多かったのかな?

かずら橋では渡る人の長蛇の列。
渡るのにさらにお金もかかるし、橋を観ただけで撤退。

IMGP8559.jpg


その先の「琵琶の滝」へテクテク。

IMGP8560.jpg




帰りは地図を見て、グネグネ山道か、それほどグネグネしてない道で小便小僧像を観て帰ろうかという選択で、

それほどグネグネしてない方を選んだのに

もんのすごいグネグネ道!!!!

そして超細い道!!!!

すれ違えないから、止まったり後退したりで、旦那どのも運転に疲労。

わたしはものの数分で激しい車酔い。





きーもーちーわーるーいーーーーー。

顔面蒼白で小便小僧像へ。



IMGP8570.jpg

IMGP8571_20120516215906.jpg


すごい景色なのに楽しめない~~~。




2人して早く帰りたい帰りたいと言いながら。

広い道へ出て来たときにはなんともありがたかったです。






お昼ご飯はそのまま昨日いった「さぬきや」へ。

今日もかまたま。ふ~~~~~。いやされる~~~~~~。

エネルギー補充してキャンプ場へ!




皆がいる~~~~!
私たちだけで淋しい?キャンプ場から賑やかなキャンプ場に変身してる~~~~~!

うれしかったなぁ~。


IMGP8579_20120508211853.jpg

IMGP8583 2



うまさんファミリーのテントかわいかったなぁ~。

IMGP8576_20120508211854.jpg

IMGP8582_20120508211852.jpg



こどもたちカワイすぎ!!

IMGP8592_20120508211851.jpg



夜は、タラを焼いたり


IMGP8616.jpg


アナイマさん作、ユースケさん焼きのウマウマピザに舌鼓をうち

IMGP8628.jpg

IMGP8618_20120508212100.jpg



みんなでワイワイお酒を飲んだり

IMGP8634.jpg

「ぼくにもくれよぅ」なひふみくん。





たのしく夜はふけていくのでした~。




2012.05.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

美濃田の淵キャンプ1日目その2

買い出しも終わって、料理開始!

トマトスライスをつまみつつ


IMGP8503.jpg


トマトに塩+ブラックペッパーふっただけ!


今回初参戦したアイテムはこちら。


IMGP8509.jpg
IMGP8511.jpg



折り畳めるまな板とSTAUB

まな板は母上から頂きました。お母さんありがとう!

キャンプに明るい色があると元気な感じで良いですなぁ~
STAUBはダッチオーブンが欲しいという旦那どのと悩んで、
普段使いしたい!ということで、STAUBに。
このサイズだと重すぎないので、家でも手軽に使えました


IMGP8519.jpg


鶏の足を焼く。
四国はやっぱり骨付き鶏が多く、道の駅でも売っててびっくりした。


IMGP8516.jpg


シーフード焼き(笑)

外で食べると家とはちがって美味しい!







IMGP8532.jpg


こんな可愛いキノコも道の駅でゲットしたシメジの中に。


写真暗めでどんよりしているなぁ~。





STAUBの中身は、トマト缶と野菜たちと鶏手羽。


IMGP8536.jpg
IMGP8538.jpg



これを冷ましながらあたためてを繰り返して、
次の日にみんなで食べるために準備。




さてはて夜はふけて、近くの温泉に入って就寝。

楽しかったなぁ~。




IMGP8541.jpg









2012.05.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | キャンプ

«  | ホーム |  »

プロフィール

peach

Author:peach
おくやまきょうこ
パッケージデザインの仕事をしています。
ひつじ年のおひつじ座。
メーメーのんびりな感じをこよなく愛しています。


カメラ:
PENTAX K-X
液晶壊れたFUJI FINEPIC 12.0 MEGAPIXELES
携帯写メ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。